2016年03月17日

漫画の原稿料は、納品しても掲載が伸びれば、お金を払わなくてイイという話…( ̄д ̄) #漫画 #出版社 #慣習

知人の小説家さんから声をかけられ、ある出版社に依頼されて

オイラが描き上げた原作付き漫画を

今年1月に納品した…


その原稿が載る予定の雑誌が発売される直前で

「リニューアルするから1号休刊します」との旨

社長のコピペ付きで、担当編集者からメールで知らせてきた

まぁ、事情は了解したが

肝心の原稿料の入金に関する話には一言も触れていないので

折り返し原稿料の入金予定を確認するメールを送ると

リニューアルが5月の予定なので、翌々月支払いで7月だと返信があった…

…( ̄д ̄)

…1月に納品して、7月支払いって…遅過ぎるだろ〜!!


オイラもそれなりに仕事はしてきているので

納品後、翌月か翌々月支払いってのは、普通にあるので別にどうとも思わないが

…半年後ってのは、遅過ぎて承服できない


それでも、コレまでに何度も仕事をしてきて信用のある相手ならまだしも

今回は初めて依頼を受けた出版社で、最初に納品した原稿の支払いが

相手先都合で大幅に遅れる…というのでは納得はいかない


この仕事を依頼してきた出版社は

ツイッターで毎日

モラルの高い含蓄のある言葉をつぶやいて

各所で尊敬されている

非常に有名な漫画原作者の先生が編集長をつとめておられるのだが…


…オイラはその先生の弟子でもないし

特に恩があるわけでもなく

お会いした事さえないワケで…

その先生の威光だけで

従わなければならない理由はないんですよね


…そもそも、この業界には

「原稿を納品しても、支払いは掲載後、〜月でヨシ!」みたいな悪しき商慣習があって

コレだと原稿は渡したけど

出版社が使うまでいくらでもお金を払わなくてイイ事になってしまう…(´ε`;)


何いってんの!?( ゚д゚ )クワッ!!

依頼されて描いて、受け取っておいて、使うまで金払わん…

それが当たり前って、ダメだろ…こういう商慣習は


そうダメなんですよね…法律的には

「下請法」ってのがあってですね

親会社(出版社)は仕事を依頼したら

下請け(漫画家)が”納品”後(掲載後ではない)

60日以内に代金を支払うのが法律的に決められているのです

この点でいうなら、納品して翌々月支払いとかならセーフかなと思いますが

半年後では完全にアウトなわけです

…モチロン下請法は漫画も「情報成果物」として適用されます

詳しくはコチラの概要をご覧ください
http://www.jftc.go.jp/shitauke/shitaukegaiyo/gaiyo.html


…しかしですね、大概の作家・漫画家は下請法のことを知りませんし

たとえ知っていても、こんな事を言い出せば仕事を切られるのがオチ…

と思って、言い出せない人がほとんどだと思うんですよね…

…なので、こうしてブログに書いて下請法の事を拡散してみようと思いました…(・∀・)


ただですね、出版社全部がこういう姿勢でもないんですよね…

知人編集者の話では、こういう場合

手付か半金を先に支払うものだともいっていたし

実際、別の仕事でやはり仕事が遅れる場合に

前払いを出版社の方から申し出てくれるケースもありました


…ということで件の

有名原作者先生出版社の担当編集者に

下請法の事と、全額といわないまでも(相手の事情を察して)

半金は60日以内に支払ってもらいたい旨をメールで伝えましたが

相手の返信メールでは

有名原作者先生からの伝聞の形で、丁重に断られました。


…やはり、いつもモラルの高い含蓄のあるツィートをされている有名原作者先生でも

「法律<業界の商慣習」…という意識なのです


それでこれ以上、編集者ごしに意見を聞いてもラチがあかないと思ったので

有名原作者先生の含蓄ツィートにリプライする形で

3度ほど「ご意見をおうかがいしたいのですが…」と

丁寧に聞いてみましたが…

まったくリアクションはなく

無視されております…( ̄д ̄)


…今日も、含蓄ツィートを横目に

それより法律にそった支払いをしてほしいなぁ〜…と思っております…(゜_゜)

※下請法について、ご指摘があり
平成16年4月1日の改正下請法施行により、マンガが下請法の適用外となったようです。
詳しくはコチラをご覧ください。
http://www.jbpa.or.jp/pdf/guideline/sitauke0403.pdf

…まったく、漫画家は守られていないですね…( ̄д ̄)
posted by 玉屋かつき at 21:37| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まぁ、お金が関われば、法律だの何だのと言ってすぐに欲しいものですよね。


いくら言っても無駄なら、泣き寝入りをするか裁判所等の法機関に訴えるしかなさそうですね・・・。
Posted by at 2016年03月18日 09:57
こうなると訴訟はさておき、まずは弁護士さんを立てて話を通さないと埒があかないでしょう。
一作分の原稿料程度すら捻出できないほど運転資金に困っているようにも思えませんが、リイゲフン有名原作者先生出版社もしわいですね。
Posted by at 2016年03月18日 20:06
原稿料の入金がありました…
ブログにその記事上げておきましたので
良ければご覧ください。_(_^_)_
Posted by 玉屋かつき at 2016年03月19日 00:40
この件は、要するに他人への関わり方の話なんだと思います。

「友人だから、安くして」などと同様で、
相手の事を察しはしますが、基本、仕事としてやることやってるのだから、
お金が発生する、そして支払うのは当たり前。

ボランティアじゃない。

それを、友人だから、とか〇〇だからって言うのは、
その人が他人に対して、どう生きてるか?が出てるんだと思います。

勿論、この件も、とっとと支払うべきですし、
人として、有名先生、情けないと思います。
Posted by yururin at 2016年03月19日 09:34
投稿じゃなくて、依頼を受けての仕事なのだから、
ゴチャゴチャ言ってないで、払って欲しいですよね。

嫌なら、次から依頼しないで構いませんって感じ。

そのくらい、作品を生み出すって大変なんですよね。
Posted by ぽめぽめ at 2016年03月19日 14:52
ちょっと感動しつつブログ読ませて頂きました
ちなみにマイナー漫画家で代稿扱いの自分の原稿は、最長一年後の支払いもざらにあります
今預けてるので使われていないのがそろそろ10ヶ月ほどでしょうか…
でも法律があろうが出版社の頭が「掲載後に支払い」なので、力の無い自分のような立場の漫画家はたくさん居ると思います
早くお金は払って欲しいけど言えないですね、載せてほしいもん
その為に描いたものですし…
それでもこのブログを読んで出版社の意識が変わってくれる事を望んでます
自分で発信できず乗っかる形でごめんなさい
でもありがとうございました、この記事で気持ちが救われた気分です
Posted by マイナー漫画家 at 2016年03月19日 15:17
今回の記事は、大変反響が大きく驚いていますが
たくさんの方々に読んでもらえて
あらためて、やはり同じような事にあっている方が多いと思いました

描いた作品をそのまま預かって、買い取りにもせず…
描いた側の「載せて欲しい」という気持ちを利用して
黙殺する…というのは
いわば、作品を人質(…作品質?^_^;)にしている
ようなものなんですよね

今回の記事が、そういう方たちの
参考や救いになるのなら、書いて良かったな…と思います
Posted by 玉屋かつき at 2016年03月20日 01:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック