2015年07月30日

(初歩の漫画講座)全身のデッサン狂いを防ぐ「アタリ」の描き方A #漫画 #講座

どもです〜_(_^_)_

とりあえず、続きで「アタリ」について書こうと思います

「アタリ」A(ツー)です!


前回アタリは

「板コンニャク」と「ホームベース」と「パイプ」

で考えましょ〜!

…とアホな事を書きましたが

アホでイイんです!楽ちんで効果があれば〜!( ゚∀゚ )


ということで、手順とポーズをいくつか描いてみました!
アタリ_02.png
(例によって画像クリックすれば拡大します)

…こんな感じ

どうでしょう?

だいぶラフに描いてますが

意外とそれらしいポーズになっているんじゃないでしょうか?

コンニャクとホームベースとパイプでも…


それに、ぶっちゃけ手順といっても

便宜的にナンバーをふってるだけで

パイプ(腕・脚)からでも

ホームベース(腰)からでも

板コンニャク(上半身)からでも

なんなら普通に頭から描いても別にかまいません

要は、自分の今イメージのある部分から描く

…ということです


絵を描く時

よほど熟練しているか、才能のある人でなければ

全体のイメージを明確にとらえられているとは限りません

だから「アタリ」の線をたくさん引いて

『コレだ!(*。◇。)!!』という線を探すんですが

ただなんとなく闇雲に線を引くより

ナゼか?

コンニャクとホームベースとパイプをイメージした方が

人体デッサンがまとまりやすいんですよね〜!( ゚∀゚ )


…てことで

次回はどうして「コンニャク」と「ホームベース」と「パイプ」で考えると

人体デッサンがまとまりやすいのか…?

について説明したいと思います!


…引っぱるね〜!(すいません、いっぺんに書くと分量が多くなって負担なので…(^_^;)

…ということで、つづく!!(^^)/
posted by 玉屋かつき at 11:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 漫画講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(゜o゜;)あっ!
画像の手順Bに誤字発見!
「段面」→「断面」ですね〜!
スンマセン!m(_ _;)m
Posted by 玉屋かつき at 2015年07月30日 12:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック