2015年05月10日

漫画の絵は、ペン入れ丁寧にするだけで、見栄えがだいぶ良くなるよ…って話

え〜…(^^ゞ

個人的知合いでFBでやりとりしていた「おさつサンドイッチ」さんに

彼女の作品のダメ出しをビシバシして欲しいといわれたので

とりあえず、画面構成やら原稿の見た目を良くするために、ちとアドバイスしまして

その中で、キャラのペン入れの基本的ポイントについて書いたりもしたんですが

なんせ「絵」のコトなので

言葉よりも実際に絵で描いて見せた方が解りやすいかな?…と思って

彼女の作品の一部をトレスしてみました


その事をおさつサンドイッチさんがツイッターにも載せまして

コチラがそのツィート

ワリと喜んでもらえたようなので、自分のブログでも紹介

…とチト解説


コチラのが元の絵
和太鼓キャラ.JPG


でも、そんな特別な奥義を公開してるわけじゃなく

線の「入り抜き」「強弱」「人物輪郭線(主線)は太く、顔パーツや服シワや質感・ヨゴシなどを細く」などをなるべく丁寧に描く…という、ごくごく基本的なコトをいってるだけです

でも、それだけで実際に見栄えは大きく変わります!(・∀・)


…てことで、コチラがオイラのトレスした絵
和太鼓++.jpg


…まぁ「そんな小手先の技で…」と眉をひそめる人もあるかもしれないし

高名な先生方の中には、そんなコトより、ちゃん実物の人間を見て、よく観察して、たくさん人体描いて、デッサンのしっかりした絵にすべき…という方もあるかもしれないし

そんなんじゃ個性的なペンタッチが死ぬ…って意見もあるかもしれません

オイラもそういう考えはモットモだと思うし、当然大事だと思っています


…が

そういうトレーニング的なコトでデッサン力が上がって、実際にキャラの見栄えが良くなるのには

現実的にかなり時間がかかるし、効果にもかなり個人差があります

それに個性的ペンタッチが誰の目にも魅力的とは限りません


それに対して「ポイントを押えてペンタッチを丁寧に入れる」のは

はじめは少々時間がかかるかもしれませんが、誰にでもできて

ワリとすぐ見栄え良くなるので、目に見えて効果が実感できます

で、上手くなった気になれるので、意欲が持続しやすいんですよね〜!!(^。^)


今回描いたのも、おさつサンドイッチさんの絵のほとんどトレスなので

基本的な絵柄は変えてないですが、だいぶ少年漫画の絵らしくなっていると思います

ただ、Tシャツの肩のシワやベタやトーンの入れ方は少し変えています

肩のシワは、腕を前に出してる場合この方がリアルに感じるし

ベタやトーンは、ほんの少しでも入れ方次第でメリハリが良くなるのがわかると思ったからです


…てなわけで

自分の漫画の絵で、どうもイマイチ上手くならんなぁ…と感じている方は

とりあえず、大事なポイントを押えてペン入れ丁寧にするだけでも

だいぶ絵の見栄えが良くなりますよ!!…って話でした!

_(_^_)_ペコリ
posted by 玉屋かつき at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック